2006年08月12日

普男着会ことはじめ

 洋服の時代の世の中で、俺たちは着物を着ます。
 
 新しい自分だけの着物スタイルを作ります。

 初めに 俺たちの愛する、栃木の街を歩きます。


俺が生まれた時は、明治生まれのおじいちゃんとおばあちゃんは、着物を着ていたのは知っている。そして、時代が過ぎ、俺の周りに着物は、七五三、成人式と、冠婚葬祭と、特別な時に着るものになった。
しかし、数十年まえに比べると確実にへってる。

俺たちの、ご先祖様がみんな着ていた着物って、どういうものだろう。
日本人として、着物、袴は知らずに終わっていくのは、もったいない。
そうだ、俺たちがまず、普段に着てみよう。

今の時代にあった着こなしがあるはずだ。
着物を通じて、古き良き日本文化と、現代の日本文化、
大切な俺たちの文化を着物を着て、どんどん出歩き、行動してきましょう。

まずは、興味ある方あまり無い方、ぜひ一度試しに着てみてください。
 
知識や着こなし方は、これからみんなで、楽しみながら、まなびましょう。
新しい発見があるかも知れません。それが、今の時代の文化になるでしょう。
 
 さあ、ぜひ一緒に楽しんじゃいましょう。
posted by フダンギ at 19:00| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。